トップページ | 2004年9月 »

トルコ航空のオーバブックトラブル

Hürriyetの記事より

THY yine yolcusunu perişan etti
Türk Hava Yolları (THY) uçağıyla Avrupa’nın çeşitli yerlerine gitmek üzere Atatürk Havalimanı’na gelen çoğunluğunu gurbetçilerin oluşturduğu 100’ün üzerinde yolcu over book (kapasite fazlası bilet satılması) nedeniyle perişan oldu.
トルコ航空はまだ旅行客を悩ませていた
トルコ航空(THY)の飛行機でヨーロッパの色々な場所へ向かおうとアタテュルク空港に行った大多数の外国人のうちの100人以上が、旅客のオーバーブック(定員を超えたチケット販売)のために途方にくれている。
記事の続きにはさらにデュッセルドルフから来た旅行者がほとんど一文無しの状態で、トルコ航空から連絡の無いまま2日間も空港に足止めされている状況が載っている。いつかはトルコに旅行に行きたいので、こういう記事が出てくるとちょっと心配にはなるけど、母集団の数がハッキリしないだけにどのくらいの確率で起きるのか判断が付かないのが、この記事のもどかしいところだなぁ。

トルコ航空の対応は企業としてはダメダメなんだけど、記事の下のコメント欄に載っているemre sayanさんの「10回もTHYで旅行して遅れたことが無いけど、もうTHYで絶対旅行しないよ」みたいな反応もどうかと思うなぁ。

| | トラックバック (0)

華氏911を見た

京都の新京極の映画館で、やっと期待してた華氏911を見ることができた。映画館はほぼ満席と言ったところ。映画館の人の話では昼の上演では2回立ち見が出たらしい。
で、肝心の映画といえば、所々に出てくるムーア流のユーモアに「クスッ」っと来る所があるものの、見終った時にはドォーンと頭に重いものが乗っかったままという感じだ。一応予備知識は頭に入れて行ったものの、それ以上のマスコミによって隠されていた情報の波に正直ショックの連続だった。

特にイラクで家族・親類を空爆で失って悲しみに暮れるイラク人の母親と、イラクで戦死した息子から来た手紙を読んで悲しみに暮れるアメリカ人の母親の2人が強烈に今も印象に残っている。彼女たちの悲しみは完全に同じ次元のものであり、戦争に勝者が存在するという「幻想」を見事に打ち砕くものだ。アメリカ人の母親は自らの「無知」を知り、怒りの矛先をブッシュや閣僚に向けることが出来たが、問題の本質は彼らを追い出せばなくなるなんて生易しいものじゃない。それだけは確実に感じている。

少なくとも銀幕の前に座っていた「自分」にはもっと知識が、情報が必要だ…そう考えさせる一日だった。

| | トラックバック (0)

ロバート・ライマン

NHKの日曜美術館で紹介されていた、白の画材だけで表現するアーティストらしい。
誰か彼の作品にどんな意味があるのか説明してほしい…自分には、まだ理解出来てない。

| | トラックバック (0)

某定食屋で聞いた会話

某定食屋で晩飯を食べている時、近くに座っていた集団の会話が聴こえてきた。

A:「お前、そんな事言ってると、夢枕に出るぞ!」
B:「夢枕?」
A:「夢枕に出るって言うだろ?」

いやいや、それを言うなら「夢枕に立つ」だし!まして夢枕に立つのは亡くなった人とか神とか仏だし!Aさん、アンタ死ぬ気か?しかし中途半端な覚え方だなぁ。

| | トラックバック (0)

ブッシュも、キムも

共同通信FLASH24より

「ヒトラーしのぐ暴君」 北朝鮮、米大統領を非難
 【北京23日共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省スポークスマンは23日、ブッシュ米大統領を「ヒトラーをしのぐ暴君で政治的未熟児」と非難、大統領が18日の選挙遊説で金正日総書記を「暴君」と表現したことに強い不快感を表明した。
ったく、どっちもどっちだつーの!
かたや国民が飢えまくりでも保障など無視で、情報制限して政府を批判できず、軍事費にカネをつぎ込んで他国に挑発しまくりで、将軍様は自分の策から抜け出せず。
かたや国民が失業しまくりでも保障など無視で、愛国法で情報制限してほとんど政府を批判できず、軍事費にカネをつぎ込んで他国に圧力かけまくりで、大統領として史上最悪の頭の悪さ。
で、「日本は?」というと…止めよぅ、悲しくなってくるだけだから。

| | トラックバック (0)

iPAQ h2210にNetFrontを入れてみた

先週末に床に落として、不覚にも初期化されてしまったマイPDAのiPAQ h2210を復活させた記念(?)にNetFront v3.1をインストールしてみた。
何と言うかPocketIEにも癖があるけど、NetFrontにだって結構あってまだ慣れない。スマートフィットで画面幅を調節した時に、文字が重なってよく読めなかったりとかする。
その上トルコ語のアルファベットの表示が無茶苦茶で、Hürriyetとかのトルコ語のニュースサイトが読めない。残念!このブログのカレンダーの8月の表示もトルコ語で「Ağustos」ってなってるのに、NetFrontだと「Austos」になってる。
よく見たら、NetFrontってエンコードが日本語と英語にしか対応してなかった。そりゃないぜ、セニョールACCESSさん!エンコード種類増やしてくれ~。
040823_131901.jpg

| | トラックバック (0)

イタリアのベルルスコーニ首相の植毛疑惑

フジテレビ朝のとくダネ!でイタリア首相の植毛疑惑のニュースがあった。(疑惑自体はもうバレてるらしい)
しかし、何故そのニュースをオヅラ小倉智昭がアテネに行って不在の時に?!

| | トラックバック (0)

二十世紀梨って

鳥取で品種が出来たんじゃなく、松戸から来たものだったのか。
松戸に梨のイメージなってほとんど無いからなぁ。
大江戸線の広告で初めて知った。ト~リ~ビア~♪

| | トラックバック (0)

出たーっ、ニセドネル!

麻布十番祭りにもやっぱりいたっ!祭りになると必ず見掛ける「ドネルサンド」ことニセドネル!
画像では判りにくいかもしれないけど、ドネルマシンがあるのに鉄板で肉塊を炒めてる。
ドネルケバブを名乗るのなら肉を回し、焼き、削ぐのが大原則!なのにこのニセドネルはどれ一つ当てはまらない…
いつも現れるということはそれなりに売れてるからだろうか?ドネルケバブの認知度が上がってもニセドネルが蔓延るのはゴメンだな。
040822_175701.jpg

| | トラックバック (0)

麻布十番祭り

今日は麻布十番の祭りに出かけている。さすが土地柄通り国際色豊かだねぇ。
新一の橋に出店してた富麗華の大良炒飯(黒いチャーハン)がかなりGOOD!!黒というより茶色だな。
で、今日一番の楽しみだったドネルケバブを探したけど、トルコブースにはシシケバブしか無い…エジプトブースで見付けたものの何か物足りない。残念!
040822_165401.jpg

| | トラックバック (0)

ブログはじめました

思い立ったが吉日。ブログなんぞ始めてみました。
1990年代の昔、日記サイトブームが流行った頃もサイト作って、飽きたクチなんですが…
今度はどのくらい行けるだろう。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2004年9月 »