« 韓国Hyundai「Sonata」を発売 | トップページ | トルコのヨーグルトドリンク「アイラン」を作ってみる »

3Dデスクトップですか…

CNET Japanの記事より

マイクロソフトもマネするサンの3Dデスクトップシステム、Looking Glass
日本人が生み出した不思議の国のデスクトップ、それがSun Microsystemsの提唱するProject Looking Glassだ。同社のソフトウェアCTO部門シニアスタッフエンジニア、川原英哉氏の発案によるこの3Dデスクトップシステムは、アプリケーションを立体に表示させたり、回転させたり、半透明にさせたりと、二次元の世界では考えられなかったウィンドウの配置が可能となる。
なんだか両社ともに3D化した奥行きのあるデスクトップを新しい形として普及させたいみたいだけど、この記事にある画像--ちょっと厚みのあるウィンドウがくるくる回っている--を見た限りでは食指を動かす程の魅力は正直感じられないなぁ。裏返したウィンドウに設定画面を表示したところで、よく考えたら「2Dデスクトップ」のモーダルなダイアログボックスと同じ意味しかなさそうだし。今のアプリケーションを板切れの裏表とか、直方体に貼り付けたところで、基本的に2Dデスクトップとそれほど使い方が変わらない気がする。平面の画面を斜めに見ても、データの切り口は何も変わらないでしょ?
本当に3Dであることを活かすのであれば、ロバート・ロンゴ監督のB級映画『JM』に出てくる「電脳空間」とかルーディ・ラッカーの小説『ハッカーと蟻』に出てくる「オフィス」みたいな、サイバーパンクで仮想現実的な(嗚呼、今となっては両方ともなんだか古臭い単語だよなぁ…)世界とまでは行かなくても、あのくらいのインタフェースの変更があっても良いんじゃないかと思うんだけどなぁ。

|

« 韓国Hyundai「Sonata」を発売 | トップページ | トルコのヨーグルトドリンク「アイラン」を作ってみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49804/1338558

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dデスクトップですか…:

« 韓国Hyundai「Sonata」を発売 | トップページ | トルコのヨーグルトドリンク「アイラン」を作ってみる »