« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

言葉とは、いと力強きかな

某大手ファーストフードチェーンのドアに必ず貼ってあるシールに「ご注文を手話でもお受けできるお店を目指しています」というのがある。
これを見たとき、正直「言葉って恐いな」って思った。「できるお店です」じゃなく「できるお店を目指しています」という表現に変えるだけで、仮に手話の出来るスタッフがいなくても店の方針でそう決めておけばOKな訳で…手話で注文されてそのまま対応出来なくても、店のイメージはUPするんだからなぁ。

| | トラックバック (0)

未だに理解できないブログエントリ

もう1ヶ月近く、少し時間のある時にglucoseというRSSリーダでニュース等のエントリを適当に開いて色々情報を収集するようになって、ほとんど習慣化してしまっている様な気がする。glucoseのチャンネルにはもちろんココログ新着記事も入っていて、このブログのエントリがちゃんと出てきているかチェックしたり、他の人の意見をみて「なるほど~!」とか「ふ~ん」とか思っていたりしている。
その中にたま~にニュースの引用だけしか書いてないページに当たる時があるんだけど、あれってどういう意味があるのかいまだに理解できない。もし自分だけのニュースメモとして使うのなら、新着記事に出す意味はあまりなさそうだし、リンク集として作っているとしてもまた然り…glucoseで見ていると「RSSの内容から作ったページ」と「ブログ本体」(と「リンク先のニュースサイト」)の2~3回同じことを見ることになって、何か損している気分にもなってくる。
もしかしてプログラムで機械的に投稿してるとかあるのかぁ…???

| | トラックバック (0)

新潟中越地震

19時近くまで東京駅付近にいる用事があったのでほとんど揺れを感じず、帰りの電車に乗ろうと駅に行ってダイヤが乱れているのを知ってビックリ。家に帰ってニュースを見てさらにビックリ。新潟周辺では震度5以上の地震が何度も起きていたとは…

住んでいる所ではそれほど揺れが酷くなかったみたいだが、実家から心配で連絡が入っていた。

今回の地震では怪我された方やお亡くなりになった方もいたり、食事の準備時間帯だった事もあって火災もいくつか起きたりしている様で。余震がまだ続いてるけど、被害がこれ以上広がらないでほしいな。

| | トラックバック (0)

映画「ドグマ」

明け方にテレ朝でドグマというコメディ映画が流れているのを見た。ストーリーは、「キリストの最後の末裔」の女性が二人の預言者と使徒と一緒に、現世に追放された天使によってこの世界の全存在が消滅してしまうのを防ぐためにあーだこーだ活躍する…と言ってしまうと物凄く「クリスチャン向け推薦映画」っぽく聞こえるかもしれない。だけど、この映画は唯一神が「彼」なのか「彼女」なのかとか、キリストが白人と決めつけるのはオカシイとか、聖書の男尊女卑な見方とか、中絶賛成論とか今話題のキリスト教原理主義者が聞いたら怒り爆発or卒倒しそうなテーマがてんこもりで、無宗教な自分でも非常に面白い。
特にこの映画の最も大きなテーマ、「理想を信じること」を「宗教を信仰すること」にすり替えてはいけないというのは今世界中で宗教の名の下にトラブルを起こしている人々に聞かせてあげたいところだな。

配役ではギャラクシー・クエストで「トカゲ頭」のドクター・ラザラス役をやって印象的だったアラン・リックマン(ダイハード第1作のテロリストのボス役やハリーポッターのスネイプ先生役もこの人)がこの映画に出演していて、やはり渋くも愉しい重要な脇役を演じていて素晴らしい。が、天使の2人はマッチョなイケメン俳優でなくても良かったんじゃ…

| | トラックバック (0)

カストロ議長の大ズッコケ

asahi.comの記事より

キューバ・カストロ議長が転んで骨折、それでも意気軒高
ハバナからの報道によると、キューバ中部のサンタクララの学校で20日夜、卒業式の演説をしたカストロ国家評議会議長が演壇から降りる際に転倒し、左ひざを骨折した。右腕の骨にもひびが入った。
いつもの軍服姿の議長は階段を下りきったところでつまずき、転んだ。すぐに助け起こされ、汗をかきながら「ギプスをはめてでも仕事はできる」と意気軒高。外国メディアも詰めかけていたため、「明日の朝刊1面に載るだろうな」と軽口も飛ばした。

金曜日の報道ステーションで「動く絵」を見たけど、10cm位の段差を踏み外して受け身もせずに豪快にコケてましたな。中学校の生徒はその時どんな反応だったんだろう?笑うわけにもいかなかっただろうし…非常に気になる。

| | トラックバック (0)

やっと晴れてきた

昼過ぎになってくると、トカゲの尻尾もどこかに行ったみたいに快晴になった!正に台風一過だな。
持ってきた傘を忘れて帰ってしまいそうだ。

| | トラックバック (0)

トカゲは去った…

台風23号こと"TOKAGE"はどうやら眠っている間に首都圏を這い抜けていった様で。今はトカゲの尻尾が残ってるみたいに小雨がずっと降り続いている。
タクシーの運転手とか深夜に働いていた人の話を聞くと凄い雨だったらしいんだけど、全く判らなかった。家が丈夫だったのか、よっぽど疲れて眠りが深かったのか…

| | トラックバック (0)

部分日食

NIKKEI NETの記事より

2年4カ月ぶりに部分日食・国内で観測
日本では2002年6月以来の2年4カ月ぶりとなる、太陽の一部が欠けて見える部分日食が14日、国内各地で観測された。
関東じゃ空が曇っててほとんど見えやしない。一回だけ雲の薄いところを通して、上側が欠けているのがちょっと見えた。(目が痛い…)LIVE! UNIVERSEで行っているインタネット中継を見ると、陸別だと月の端が太陽の真ん中近くにまで到達してるようで。

次に国内でまともに見られそうな日食は2009年7月22日。鹿児島だと皆既日食になるらしい。5年後か…

| | トラックバック (0)

サンシャインでショック!

昨日、久々に池袋の東急ハンズで色々物色した後、飯でも喰おうとサンシャインに向かった。
確かマトリョーシュカというロシア料理の店があったなぁとワクワクしながら3階に上がった所、その店のあった場所にベニヤの工場塀が…
移転先の表示が無いところをみると、完全閉店?あぁ、ロシアンティーかなり楽しみだったのになぁ…かなりショック!

| | トラックバック (0)

VoVoTauで空耳?

FMでふと気付いたら流れてたVo Vo TauのSong for Youという曲。
ボーカルの裏でずっと高い声で歌ってるコーラス(?)が、「パペットもぐ?」とか「カセット取る?」って聴こえてしょうがない。
本当は何て歌ってるんだ?何度聞いても判らない。もしかしてスキャット?

| | トラックバック (0)

地上デジタル放送のCM

ここのところ流れている東京タワーから変形して「地上デジタル」なるロボットに変形するCM。
地上波デジタル移行への是非は置いといて…今時「『面白テレビ』、お届け。」ってナレーションはど~なの?

| | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »