« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

そうだ、旅に出よう!

昨日、久しぶりの長期連休ということで、自分の原付であるSmartDioで行けるところまで行ってみようと思い立ち、一番走りやすそうな幹線道路の国道4号を調べていた。

…が、眠って起きたらお昼過ぎ。イキナリ、なんだかヤバい旅になりそうな予感。

結局、だんだん日の暮れていく中走っていくことになってしまったものの。寒くなることもなくトラックも少ないせいか、思った以上に快適な走りになった。

日が完全に落ちてしまってから、宇都宮に着いた。そろそろお腹がすいたので、ここはやっぱり餃子にする。
050430_203401
商店街で探していたが、思った以上に店が閉まっていて、うろうろして見つけたのが「宇都宮餃子館」と言う店。外から見たら結構まだ人がいたので入ってみる。

餃子セット880円を頼んでみた。結構な量の定食で焼き餃子に蒸し餃子そしてスープ餃子という餃子ヅクシな内容だ。少々香草の味が大きいのが残念だったけど、いろんな味の餃子が一度に楽しめたのはなかなかよかった。

その後、ビジネスホテルに到着。明日はどこまでいけるだろう。

| | トラックバック (0)

闇夜に迫る黒い影…じゃなく白い光

会社から夜道を原付に乗って帰る時、最近気になる様になったことが一つある。それは最近増えてきた自動車のギラッと輝いてる白いヘッドランプだ。

いわゆるHID(高輝度放電管)って呼ばれてるモノだけど、それのせいでかなり危なっかしい状況になったりしている。関東北部の街灯の少ない夜道を明るくして走りたい気持ちは原付で走っている自分だって同じなんだけど、あまりにも眩し過ぎてかなりの迷惑モノな訳で。

遠くで走っている分には、全然問題はないんだけど、後に迫られて来た時にはバックミラー全体があの白色に占領されてしまってそれ以外の車なんて目に入ってこない。しかもそれを見ちゃった後に視線を戻すと残像で肝心の視界の真ん中辺りがボーッと暗くなってるし…これって走ってる最中にはホントにヤバい!その上、逆に前方の十字路で止まっていてもヘッドランプでウインカーが見えなくって右折か左折か判断に困ったり、後側を渡ってる歩行者を消し去ってるような車も多いし。

昔々車の免許を取りに行った時、ランプとは「視界の確保と同時に、他人に存在を知らせるためにある」と習ったけど、物には限度っていうものがあるしねぇ…HIDを付けて走っている側から見ても光の当たっている部分とそうでない部分のコントラストのせいで目の順応とか判断が遅れたっていうような経験ってないのかぁ?

これってどうにかならないのかなぁ?鏡とか後に付けて実力行使に走っちゃうのも何だかだしなぁ…

| | トラックバック (0)

あびる優、やっぱりなしくずし的に復帰

24日のTBS「アッコにおまかせ」にあびる優が復帰したらしい。放送の様子は探偵ファイルに掲載されているが、誠実さの感じられない謝罪だった様子。それに関連して和田アキ男が番組中に…

は~い、と言う事でね~、
あの~、よく内容を知らない方もいらっしゃるんですけれども、
ま、番組で不適切な発言をして、で、彼女自身も十分もう、これで、
あの~、なんて言うんですか、え~、自粛しましたし、反省してるから。
え~、自粛って言うのも変な言い方だけど、
でも、何事も、もう無かったように、だから、変な出かたでしょ?これも?
なんか、…もの凄い事をした…見たいな感じなんだけど、
いつものあびる優でいて欲しいよね~?
(abiru@Wikiからの孫引用)

と雄叫びを上げたらしいけど、いつものあびる優だったからこんな騒動になったんじゃないの?

さらにそれ以前には、19日にもう日テレ「Click!」に出演していたとのこと。こっちの方では謝罪コメントすらなし。結局まとめてみれば、

  1. 発覚した直後に本人からのコメントもなく沈黙。(というか整形した?)
  2. しばらくたってから事務所のおざなりなプレスリリース。
  3. で、二ヶ月経ったら何事もなかったようにメディアに復帰。
  4. そして苦情が来てからやっとニヤケつつ謝罪コメント。

と言う訳で。な~んか順番がおかしくないか~?こんなことで納得いくわけがない。
まぶたと鼻と口角をいじったら誠意が表せるとでも思ってる?あびる優もホリプロも世の中甘く見過ぎだな!

|

新しいローマ教皇はドイツ出身

MSN-Mainichi INTERACTIVEの記事より

新ローマ法王:ドイツのラツィンガー枢機卿団長に決まる

ローマ法王庁(バチカン)のシスティーナ礼拝堂で開かれていた秘密の法王選挙会議「コンクラーベ」は19日午後の投票で、ドイツ人のヨゼフ・ラツィンガー枢機卿団長(78)を265代目の新法王に選出した。法王名はベネディクト16世と発表された。前法王ヨハネ・パウロ2世を後継し世界のカトリック教会信者約11億人の頂点に立つことになるラツィンガー氏は、24日に就任ミサを行う。

ドイツ人では約1000年ぶり、ポーランド人の前法王に続いて2代連続の「非イタリア人」法王の誕生となった。

19日午後6時(日本時間20日午前1時)前、礼拝堂の煙突から法王決定の合図となる白い煙が上がり、サンピエトロ大聖堂の鐘が鳴らされた。ラツィンガー氏は大勢の信者らが待つ大聖堂前のバルコニーに現れ、「私自身をあなた方、祈る人々にゆだねます。ともに前進しましょう」とあいさつした。

ニュースで演説の場面が流れているのを見たんだけど、法王はイタリア語で演説するんだ。今さら気付いた…故ヨハネ・パウロ2世はポーランド人で今回のベネディクト16世もドイツ人でどちらもイタリア語が母国語じゃない人だけど、バチカンの人って一体何ヶ国語しゃべれるんだろうか?

バチカン市国の言語について調べてみたら「公用語はラテン語。外交用語はフランス語、業務用語はイタリア語」となっている。とすると、イタリア人じゃなくって枢機卿より高い地位の人は3ヶ国語以上は使えないといけないんじゃ…??

ホントのところは分からない。もしそうならスゴいよなぁ。2ヶ国語覚えるのでも大変なのに。

| | トラックバック (2)

フジvsライブドア…和解で決着?

Sankei Webの記事より

フジとライブドアが和解 資本・業務提携を締結 ニッポン放送の経営権をめぐり争奪戦を繰り広げてきたフジテレビジョンとライブドアは18日、ライブドアが保有するニッポン放送株をフジが全株取得し、ニッポン放送を子会社化することを柱とする資本・業務提携で基本合意、和解した。

これにより、2月8日にライブドアがニッポン放送株を大量に取得して以来続いた大規模な買収合戦は70日目に決着した。和解に伴い、フジ側がライブドアに支払う資金総額は1470億円程度に上る見通しだ。

ついにホリえもんと日枝会長が笑いながら一緒に記者会見に出るという今まであり得なかった画面で一応の決着ということになってる様だけど、視聴者側にとってはここで終わりじゃなく「より新しいテレビ/インターネットの融合」や「より深く意味ある分析報道」を見せてくれるというこれからが本番なんじゃないだろうか?今と似たような形で、将来ほとんど変わらなかったなんていうことになるようじゃ、今回の騒動はいわゆるマネーゲームだけで終わったことになっちゃうからねぇ。

| | トラックバック (1)

週刊フジテレビ批評って何のための番組?

土曜日の朝に週刊フジテレビ批評を見た。

ちょうど女性の評論家が、最近のフジテレビにツッコミを入れているところで、増税や年金政策に対して政府発表をなぞった報道や告知番組は非常に得意だけど、国民に対して負担を強いるようになった政府の不作為や失策などの背景をもっと分析する「本来のジャーナリズム」をフジテレビが忘れてしまってるんじゃないのかと、かなりキツい言われ様に見えていた。
それを受けて向坂アナや武田アナがどう返すのかヒジョーに興味が惹かれたんだけど、特に向坂アナは何の反応も返すことなくヘラヘラと営業スマイルのまま…

えーーっ!!マジ?ライブドアに放送局の報道について批判されていた時に、番組まで作るほど追跡や分析する報道こそ「テレビ局の使命」とばかりに批判し返していたのに…そこはフジテレビの姿勢をはっきりさせるべきところでしょ。そろそろ和解かと報じられるようになったらそれは二の次ということになってしまったのか?それとも「大本営発表」は例外?それとも聖域?

もしそんなテレビ局だったら要らないよ!

| | トラックバック (0)

今度は市役所でもWinnyですか…

MSN-Mainichi INTERACTIVEの記事より

個人情報流出:市民1万人分、ウィニー感染 秋田・湯沢市

秋田県湯沢市(人口約5万7000人)の市民の5分の1にあたる1万1255人分の名簿が、インターネット上に流出していたことが14日、分かった。湯沢市は「平成の大合併」で旧湯沢市を含む4市町村が合併し3月22日に誕生したばかりで、合併の賛否を問う市民アンケート対象者の名簿だった。担当職員が公用パソコンでファイル交換ソフト「ウィニー」を使用し、新種ウイルスに感染したことが原因とみられ、大量の個人情報が漏れた事態を重視した同市は今月11日付でこの職員を訓告処分にした。

京都府警が情報漏洩して有名なWinnyで、今度は市役所がやっちゃったっていうことな訳で。

それにしても、人口の5分の1の個人情報漏らしておいて、「訓告処分」で済ませたって…冗談でしょ?思わず今日の日付が4月1日か2回も確認したよ!「訓告」って簡単に言えば上司から「何やってんだ!もうやるんじゃないぞ!」って言って終わったっていうことな訳で。かなり激甘な処分としか言様がないなぁ。ひょっとして踊る大捜査線みたいなキャリア組とかそういうのかぁ?

個人情報保護法で5,000人以上の個人情報を抱えてる企業は色々対策考えなきゃいけないってのに、1万人以上の情報を漏らした市役所員がオコゴトで済んでしまうっていうのは絶対納得がいかないよなぁ。

| | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »