« フジvsライブドア…和解で決着? | トップページ | あびる優、やっぱりなしくずし的に復帰 »

新しいローマ教皇はドイツ出身

MSN-Mainichi INTERACTIVEの記事より

新ローマ法王:ドイツのラツィンガー枢機卿団長に決まる

ローマ法王庁(バチカン)のシスティーナ礼拝堂で開かれていた秘密の法王選挙会議「コンクラーベ」は19日午後の投票で、ドイツ人のヨゼフ・ラツィンガー枢機卿団長(78)を265代目の新法王に選出した。法王名はベネディクト16世と発表された。前法王ヨハネ・パウロ2世を後継し世界のカトリック教会信者約11億人の頂点に立つことになるラツィンガー氏は、24日に就任ミサを行う。

ドイツ人では約1000年ぶり、ポーランド人の前法王に続いて2代連続の「非イタリア人」法王の誕生となった。

19日午後6時(日本時間20日午前1時)前、礼拝堂の煙突から法王決定の合図となる白い煙が上がり、サンピエトロ大聖堂の鐘が鳴らされた。ラツィンガー氏は大勢の信者らが待つ大聖堂前のバルコニーに現れ、「私自身をあなた方、祈る人々にゆだねます。ともに前進しましょう」とあいさつした。

ニュースで演説の場面が流れているのを見たんだけど、法王はイタリア語で演説するんだ。今さら気付いた…故ヨハネ・パウロ2世はポーランド人で今回のベネディクト16世もドイツ人でどちらもイタリア語が母国語じゃない人だけど、バチカンの人って一体何ヶ国語しゃべれるんだろうか?

バチカン市国の言語について調べてみたら「公用語はラテン語。外交用語はフランス語、業務用語はイタリア語」となっている。とすると、イタリア人じゃなくって枢機卿より高い地位の人は3ヶ国語以上は使えないといけないんじゃ…??

ホントのところは分からない。もしそうならスゴいよなぁ。2ヶ国語覚えるのでも大変なのに。

|

« フジvsライブドア…和解で決着? | トップページ | あびる優、やっぱりなしくずし的に復帰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49804/3778535

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいローマ教皇はドイツ出身:

» 新ローマ法王、ベネディクト16世 [ブログでアクセスを10倍ふやす方法]
本日のテーマは「新ローマ法王」。19日、バチカンはコンクラーベという新法王選挙で、第265代法王に、超保守派のヨゼフ・ラッツィンガー枢機卿(法王庁教理省長官)を選出した。法王名はベネディクト16世。新ローマ法王は78歳と高齢。ヨハネ・パウロ2世に続いてイタリア以外の国から選出。1000年ぶりのドイツ人法王だそうだ。新ローマ法王は、11億人のカトリック信者の頂点に立つ人。... [続きを読む]

受信: 2005/04/20 13:14

» 第265代新教皇ベネディクト16世 [yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ]
新教皇が選出されました。新たな時代を迎えたようです。ヨハネ・パウロ2世逝去の時も書きましたが、私はキリスト教徒ではありませんが。やはりクラシック音楽を聴く以上やはり無関心ではいられません。新たな教皇誕生を祝福したいと思います。... [続きを読む]

受信: 2005/04/20 23:18

« フジvsライブドア…和解で決着? | トップページ | あびる優、やっぱりなしくずし的に復帰 »