« そうだ、旅に出よう!(その2) | トップページ | そうだ、旅に出よう!(その4) »

そうだ、旅に出よう!(その3)

3日目。9時台に起きてしまってかなり焦った。さっさとシャワーを浴びてチェックアウトを済ませる。

ホテルを出た後、仙台の喫茶店でMapFan Webの地図を見ながら今日どこに行こうか考えていた。選択肢は次のとおり。

  1. このまま岩手方向に進む。
  2. 仙台周辺でぶらぶらした後、4号で福島方面に戻る。
  3. 仙台周辺でぶらぶらした後、6号でいわき方面に戻る。

休暇が4日までということ、岩手までの距離、ここまでの経験の3つから考えて1番は即却下に。2も再びあの起伏はちょっと…という感じになっていたので、3番にすることに決めた。そこで、仙台周辺で行ったことのない場所を探してみると、松島海岸というのが目に入ってきた。さっそくそこに向うことに。…とはいえちょっと走り疲れもまだ回復していないので、JRで行くことにした。

外に出ると非常に心地よい風が吹いてくる。仙台の街は、ちょっと街路樹のタネとかが飛び回ってたりするけど、涼しくてとても居心地がいい。個人的には仙台って日本のどの都市よりも快適にすごせる街だと思う。

JRにのって30分ほどで、松島海岸に着く。ここは観光地独特の賑やかさがスゴい。仙台とは大違いだなぁ。観光船のチケット売り場やみやげ物を売っている店の声と人の多さに圧倒されそうになる。しばらく港近くの公園をぶらぶら歩いたり、みやげ物店などをひやかしたりしながら、観瀾亭と松島博物館というところに向かう。博物館はかなりショボいけど、観瀾亭は安土桃山時代の茶室のある建物だそうで、小高いところにあるので松島の風景を一望できる。非常に眺めがいい。
050502_125201
しばらく景色を堪能して、またみやげ物店を覗いてまわる。途中、ズンダと餡子の串団子を食べる。2本190円。まあまあの味かなぁ。

気がつくと、13時半近くになっていたので仙台に戻る。再びSmartDioに乗って今度は南に。岩沼で給油後、4号から6号に乗り換え、亘理方面へ向う。国道6号には4号のような大きな起伏はないものの向い風や横風がキツい。

原町市を越えたくらいから、日がどんどん暮れ始めてきた。太陽の光が少しまぶしい。途中、左のずーっと奥にちょっとだけ海が見え隠れしているのを見つけながら走り続け、夜の森という所の近くを過ぎる頃には、まさに夜になっていた。

いわき市が近づいて、山道が終わると急にトンネルと海沿いの道に様相が変わった。走り疲れた原付で、トラックに追いかけられながらトンネルをくぐって行くのはかなりツラい。左側には波しぶきだけが見える不気味な暗い海が広がっているし…走っていてものすごい不安感タップリだった。

やっとのことでいわき市に入ることが出来たものの、いわき市が大きすぎてなかなか中心部に辿り着けない。人気の少ない寂しげな国道をひたすら1時間以上走り続けてやっといわき駅前に着いたときには、さすがにちょっと涙が出そうになった。

ホテルを見つけてチェックインした頃には腰が悲鳴を上げていたので、仕方なく出歩くことはなく夕食はコンビニ弁当で済ませた。

あぁ、今日の食事は団子と弁当だけかぁ…

|

« そうだ、旅に出よう!(その2) | トップページ | そうだ、旅に出よう!(その4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49804/3989475

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、旅に出よう!(その3):

« そうだ、旅に出よう!(その2) | トップページ | そうだ、旅に出よう!(その4) »