« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

トルコの新聞で見つけた安倍評価

Zaman Gazetesiの記事より

Japonya’da Koizumi devri bitti yeni başbakan genç ve milliyetçi

Japonya Parlamentosu, görevi bırakan Başbakan Junişiro Koizumi’nin yerine ABD ile ilişkilerin geliştirilmesini savunan ve milliyetçi kimliğiyle tanınan Şinzo Abe’yi seçti.

Meclis’te dün gerçekleştirilen oylamalarda, Liberal Demokrat Parti adayı Abe, rakibi anamuhalefetteki Demokrat Parti lideri İçiro Ozawa’ya açık ara fark attı. Japonya’nın 2’inci Dünya Savaşı’ndan sonraki en genç başbakanı olan Abe (52), ülkenin önde gelen müttefiki ABD ile daha yakın ilişkilerin sürdürülmesi taraftarı. Japonya’nın daha aktif dış politika izlemesi gerektiğini savunan Abe, Kuzey Kore tehdidini ciddiye aldığını belirtiyor. Abe, ülkenin askerî açıdan daha etkin olması gerektiğini ve pasif olarak kabul edilen anayasanın değiştirileceğini söylüyor. Japon lider, devlet okullarında milliyetçilik öğretilmesini istediğini kaydetmişti.

Abe’nin kabinesinde, Koizumi döneminde de görev yapan muhafazakar Dışişleri Bakanı Taro Aso koltuğunu korudu. Şinzo Abe’nin muhafazakar görüşlerinin birçoğunu paylaşan Aso, Çin ve Güney Kore ile bozulan ilişkileri düzeltme görevini üstlenecek. Aso, Abe ile Çin lideri Hu Jintao arasında zirve düzenlenmesi için çalışacaklarını kaydetti. Ancak Abe’nin seçilmesinin ardından Japonya ile Çin arasındaki ilişkilerin daha da kötüye gidebileceği de ifade ediliyor. Geçtiğimiz yıl Koizumi’nin, tartışmalı Yasukuni savaş anıtını ziyaret etmesi Çin’le ilişkileri germişti. Koizumi ise bu savaş anıtının savaşta ölen askerleri onurlandıran bir simge olduğunu ifade etmiş, Abe de bu ziyareti desteklediğini açıklamıştı. Yasukuni savaş anıtı, Japonya’nın komşularınca bu ülkenin İkinci Dünya Savaşı’ndaki saldırganlığının sembolü olarak görülüyor.

Japonya’nın yeni Başbakanı Şinzo Abe, daha önce başbakanlık ve bakanlık yapmış bir aileden geliyor. Babası dışişleri bakanlığı yapan Abe’nin dedesi ve dedesinin kardeşi de başbakanlık görevini yürütmüş.

Medyatik First Lady

Başbakan Şinzo Abe’nin eşi Akie Abe, Japon medyasının gündemine oturmuş durumda. Eski bir radyo sunucusu olan Akie Abe’nin, kocalarının gölgesinde kalan önceki başbakan eşlerine benzemeyeceği söyleniyor.

日本で小泉時代が終わった。新首相は若く国家主義者

日本の国会は、職務を譲った小泉純一郎の代わりにアメリカと関係の発展を守り、国家主義的な素性で知られる安倍晋三を選んだ。
国会で昨日行われた投票で、自由民主党の安倍候補者が、競争相手の野党第一党の民主党党首小沢一郎に大差を付けた。日本の第2次世界大戦後最年少の首相である安倍(52)は、国が優先する同盟国アメリカとのより緊密な関係への推進支持者である。日本がより活発に海外の政治に目を見張る必要があると言い続けている安倍は、北朝鮮の威嚇が本気であると表している。安倍は、自衛隊を一層能動的にすることが必要と考え、受動的であることを受け入れている憲法の改正を発言している。日本の指導者は、公立学校で国家主義的な教育を受けさせることを望んでいるとも報じられた。

安倍内閣では、小泉時代にも職に就いた保守的な麻生太郎外相をその地位のまま置いた。安倍晋三の保守的な見解の大部分を共にしている麻生は、中国と北朝鮮との悪化した関係を改善する職務を請け負うだろう。麻生は、安倍と中国の主席胡錦涛との間にサミットを設けることに勤めるだろうと報じられた。しかしながら安倍が選ばれたことから日中関係はさらに悪化する可能性もあると語られている。去年小泉が論争のあった靖国神社(訳者注:直訳では靖国戦争記念碑)に参拝したことは中国との関係を緊張させた。小泉はこの神社が戦争で亡くなった兵士に名誉を与えるひとつのシンボルだと語っており、安倍もこの参拝に支持を表明した。靖国神社は、日本の隣国であるその国が第2次世界大戦での好戦的シンボルとして見られている。

日本の新首相の安倍晋三は、過去首相と大臣の職に就いた家系の出である。父親が外務大臣に就いた安倍の祖父と祖父の兄弟も首相の職に進んだ。

メディアに取り上げられ続けるファーストレディ

安倍晋三首相の妻安倍昭恵は、日本のメディアに日常生活をおいた状態でいる。以前あるラジオの司会者であった安倍昭恵は、主人の影に居続けた以前の首相の妻たちのようになるでしょうと語っている。

トルコにとって日本は外国だし、それにトルコにはトルコでの「タブー」もある。だけど、「国家主義者(milliyetçi)」なんていうストレートな評価が流れてるのはやっぱり羨ましい。(gençには「若い」だけじゃなく「幼い」って意味もある)

今、この国のマスコミ(特にテレビ)じゃぁ、必死なまでにイメージを上げよう上げようと一生懸命だからこのレベルの評価さえほとんど流れてこない。ホント異常。官庁が特別会計でしている無駄遣いの報道に力の入っていた朝ズバでも、最近安倍晋三のことになると掌返したかの様にいい印象を与えることに一生懸命だったり、首班指名選挙前の時期に世耕弘成などゴリゴリの支持者だけ画面に集めて対立意見を他に追いやった編成にしたり、目を覆いたくなるような感じになってしまった。(みのさんの目が時々笑っていなかったりするのはまだ救いがある?)

印象だけで世の中動かそうなんて実に不気味でしょうがない。ましてやその印象の裏で、国民の監視強化や国家に逆らわないための教育や日本を危険にさらす憲法改正なんてことを進めたいなんて考えてるなら恐ろしすぎるよ。

|

飲んだら乗れない自動車

今朝の朝ズバでアルコールを検知すると動かなくなる車というのが紹介されていた。

みのさんやコメンテータの人もツッコミが入っていたけど、アルコールを管に呼気を直接送り込んで検知する方法なので、お酒を飲んでいない人が反応させたりすればエンジンを掛けられてしまうのはまだまだだねぇ。呼気から検知するんじゃなく、たとえばハンドルを触っている手から検知とかどうなんだろう?(これだと手袋とかしてると無理か…)

でも、コンセプトとしてはすごくいいものだし、ぜひともいろんなメーカーで競争して開発にがんばって欲しいなぁ。

|

1960年代の亡霊が来た?

産経新聞の安倍側近の「教育改革」についての記事が話題なので読んでみた。

……気分悪くなってきた。

彼らの言っていることは「強制労働」「思想教育」「強制収容」「検閲」じゃないか。こんな考えの人々が政治の中枢にいるなんて背筋が凍りつきそうだ。この人たちは本当に戦後の日本を生きてきた人々なのか?言っていることは、ドラマ「大地の子」に出てくる1960~70年代の中国共産党の毛沢東語録を手に狂ったように叫んでいた人達そっくりだ。「文科省にも共産党支持とみられる役人がいる」って結局のところ同属嫌悪にも見えてくる。「徴農」がニート対策なんて気分悪さを通り越してお腹が痛くなるくらい可笑しい。

彼らの言っていることをもっともっと単純化させれば「自分たちはエリート。エリートでないものは都合の悪いものを見るな!収容所や戦場で死ぬまで働け!」という地金の部分が出てくるね。スターリンの独裁主義者やマオイスト、ポルポト派、北朝鮮指導部と方向性は変わらない。

国民を道具としてしか見ない独裁政治や寡頭政治に未来がないこと、惨めな終わり方をするのは繰り返されている訳で。都合よく考えた「歴史」じゃなく、もっといろんな方面から見た歴史を勉強した方がいいね。

|

フジテレビにとって「報道」とは何なんだ?

日曜日の夕方にチャンネルを適当に合わせていたら特命取材班報道Aという番組が流れていた。どうやら番組の後半のようで、自民党の総裁選の3候補を特集しているようだが、仮にも次の総理大臣がまもなく決定されようといわれるこの時期に、この番組が流していたのはどう見ても番記者と3候補者の世間話だったり、良い所だけを繕ったまさにイメージ「UPだけを狙った」映像。
くだらない!!酷すぎる!!

議論の末に、取材に着手すべきと判断されると、そのテーマの下に記者やディレクターらによる混成チーム、「特命取材班」が編成され、普段の業務とは別の、中長期の取材活動に向かいます。この番組は、そうした第一線の記者たちで特別に編成された「特命取材班」からの報告です。

と番組のページにあるけど、人々に影響ある総理になろうとする政治家を対象にしてるのに具体的にこの国をどう進めるのか聞き出すことよりも、政治家のキャラクターを流すことが「議論の末」に行う「報道」なのかぁ?番記者が見たことのない候補者の素顔って、総理大臣と全日本美少女コンテストのグランプリと間違えてるんじゃないの?政治家と顔を付き合わせながら具体的な政策を聞き出さない記者なんて、何のための番記者なんだ。「調査報道」としては最低レベル。「フジテレビ調査追跡報道」が聞いて呆れる。

同じく最低なのはやはり安倍晋三。
ZAKZAKの記事より

麻生・谷垣陣営「安倍逃げるな」…討論番組拒否

自民党総裁選は8日告示されるが、告示後、候補者による初の論戦となるはずだった10日のテレビ番組出演を、安倍晋三官房長官が拒否。麻生太郎、谷垣禎一両陣営から「安倍氏は論戦から逃げるな」と大ブーイングが上がっている。

自分の口から政策をきちんと説明することなく(出来ない?)、煙に巻くように取り巻きが喋りだし、批判から逃げたままにこんな番組で発信するイメージだけで行政のトップに収まろうなんて、人々をナメ過ぎ!
それでいて共謀罪や国民を結果的により危険に晒すような憲法改正を進めようなんて、この政治家を総理にするのはやはり危なすぎる。

|

モバイルSuicaのサービスが変わるらしい

RBB TODAYの記事より

モバイルSuicaに新サービス~ビューカード以外のクレジットカードが指定可能など

10月1日には、現在はJR東日本が発行するビューカードのみに限られているモバイルSuica会員登録時に必要なクレジットカードに、VISA、MasterCard、JCBなどのクレジットカードを指定可能となる。ただし、東京モノレール線、りんかい線との連絡定期券を購入する場合は、ビュー法人カードをのぞくビューカードが必要だ。モバイルSuicaの利用年会費は、ビューカードで登録している場合は引き続き当面は無料、そのほかのクレジットカードでの登録は年会費1,000円となる。ただし、2006年10月1日より2007年3月31日まで「年会費初年度無料キャンペーン」が実施される。また、これまでモバイルSuicaで利用できた通勤定期券(普通)、通学定期券(大学生、専門学校生相当)に加え、グリーン定期券、二区間にわたる定期券がモバイルSuicaで利用可能となる。

今までビューカードが必要だったので使うのを控えていたけど、他のクレジットカードでも使えるようになったのはいいねぇ。しかしJR東日本のViewカードの顧客を増やしたい願望なんだろうけど、年会費\1,000っていうのはビミョーな数字だなぁ。

JR東日本のサイトではもう少し詳細な内容が発表されていた。auの携帯では10月1日ではなく、5日からモバイルSuica用のアプリがダウンロード可能になるとのこと。

まぁ、様子を見て良ければ使ってみるかな?

|

マキコさん、やる気あるの?ないの?

asahi.comの記事より

「小泉は4尺玉、安倍は線香花火」 田中真紀子氏

「小泉さんは4尺玉の花火。安倍さんは線香花火」。田中真紀子元外相が4日、静岡県内であった民主党議員の研修会で講演し、5年前の自民党総裁選で応援した時の小泉首相と、今回優位に立つ安倍官房長官を比べてこう評した。

小泉首相の「生みの親」を自任して入閣したが更迭された経験を持つ田中氏は「ドーンと上がってみんなが政治が変わると飛び出したら、5年たったら何だったの、というのが小泉さん」。安倍氏については「線香花火がつくと思ったら、すぐ落ちてしまうことに国民は気づく」と線の細さをばっさり。

こんなまるで他人事の様にも取れる発言なんてしていないで、早々にちゃんと戦略練ってほしいよ。

相変わらず知性の感じられない安倍晋三は東京新聞の記事によれば、早速共謀罪がどうとか防衛省がどうとか吠え始めたみたいだし。「待ったなし!!」なんじゃないの?

行き過ぎた国民の監視も、行き過ぎた「自衛」という名の軍備も、日本を戦争に巻き込ませかねない憲法改正も、この国の人々が幸せに生活する権利を守るという視点がごっそり抜け落ちてる。こんな政治家とっとと消えて欲しいよ。それに群がって勝ち馬に乗ろうとしてる政治家連中も頭冷やしたら?

|

機内での携帯使用についての記事があった

Hürriyetの記事より

No Mobile ’No smoking’ yerine ’No mobiles’ yazısı

Uluslararası Havacılık Örgütü (IATA), yaklaşık 20 yıldır uçaklarda sigara içilmesini yasaklayan "No Smoking" işareti ve anonsunun 2008’den itibaren kaldırılacağını, yerine "No Mobiles" (Cep Telefonunu Kullanmayın) işaretinin konulacağını açıkladı.

"No Mobiles" işareti ve yazısıyla eşzamanlı olarak, cep telefonu kullanılmasına izin veren şirketlerde, iniş ve kalkış sırasında "Cep telefonunu kapatın" uyarısının yanacağı da belirtildi. Bilindiği gibi 2007’den itibaren Fransa Havayolları Air France, kabinlerde iniş ve kalkışların dışında cep telefonunun kullanılabileceğini, dakikasının 2 Euro olacağını açıklamıştı. Air France’tan sonra Alman Havayolları Lufthansa ve İngiliz Havayolları British Airways de kabinlerinde cep kullanımına başlatacağını duyurmuştu. IATA, cep telefonu kullanımının gece yasaklanacağını belirtmiş, buna gerekçe olarak da telefon sesinin yolcuları rahatsız edeceğini göstermişti.

「禁煙」の代わりに「携帯禁止」の文字

国際航空運送協会(IATA)は、約20年前から飛行機で喫煙を禁止する「禁煙」のマークとアナウンスを2008年から廃止し、代わりに「携帯禁止」のマークを置くことを発表した。

「携帯禁止」のマークと文字を同時に表し、携帯電話を使うことを許可している航空会社で着陸と離陸時に「携帯を切って下さい」と警告ランプをつけることも明らかにした。知られているように2007年からフランスのエア・フランスは客室で着陸と離陸時以外に携帯電話を使用できる予定であること、1分2ユーロであることを発表した。エア・フランスに続きドイツのルフトハンザやイギリスのブリティッシュ・エアウェイズも客室で携帯使用が始まる予定であることが報告された。IATAは、携帯電話使用を夜に禁止することを明らかにした。それは電話の声が乗客を不快にすることを示すためでもある。

昨日のエントリーで携帯について書いてたら、こんな記事見つけた。知らない間に、海外だけど離着陸以外だったら使えるようにする航空会社って出てきてるんだなぁ。

日本でも何か状況が変わるかな?

|

冥王星は誰かのためにあるのか?

asahi.comの記事より

冥王星外し、米惑星科学者団体が「改善」求める声明発表

冥王星を太陽系の惑星から外した国際天文学連合(IAU)の定義について、米天文学会の惑星科学部会は「将来的に改善が熱望されている」とする声明(8月30日付)を発表した。冥王星の「発見国」の米国では、著名天文学者らが定義を拒否する署名をインターネット上で集めるなど、新定義への反発が表面化している。
(中略)
 IAUは8月24日、惑星を「水金地火木土天海」の8個とし、従来は第9惑星とされていた冥王星を「矮(わい)惑星」という新たな分類に振り分けることを決めた。冥王星は1930年、米天文学者のクライド・トンボーにより発見され、これまでは「米国人が見つけた唯一の惑星」という地位にあった。

この話、まだ続いていたんだ。この署名を集めている人って本当に「天文学者」なの?ただの政治的な野次馬って感じがするんだなぁ。

別に冥王星が惑星のカテゴリでなくなっても冥王星という天体がこの宇宙から消えてしまうわけじゃない。アメリカ出身の人が冥王星を発見したということも無くなったわけでもない。ついでに、ヴォゴン人がバイパスを通すために壊したわけでもない。むしろ最初にエッジワース=カイパーベルト天体を発見したという功績ができたのにねぇ。
というか、この「改善したい」人たちってひょっとしすると天体に上下関係でもあって、恒星は惑星より偉いとか、月より冥王星が偉いとか思い込んでたりして(笑)

だいたい惑星の発見はある特定の国のためにやっている事じゃないでしょ。
天体の発見は人が宇宙とは何であるか、どんな風に出来上がってきたのかを理解するために行うのであって、政治的野望なんかとは切り離されるべきものだと思うなぁ。

|

ANAのSkipって

さも目新しいサービスのようにCMが流れてるけど、JALのWebチェックイン+ICサービスと同じじゃないか。JALのほうは1年以上前からICカードで飛行機に乗れるサービスを始めてたけど、どうしてこんな時期に?

両方とも、うまくすると携帯だけで予約から搭乗まで済ませられるんだけど、搭乗口から飛行機に乗るまでの短い間に携帯の電源をOFFにするっていうのは本音をいうとかなり煩わしい。

どうにも携帯電話が原因で本当に計器に影響が出るんだっていう情報はなかなかはっきり出ていないし、どうせ空の上では携帯は繋がらないんだから、そろそろ鉄道と同じくらいマナモードくらいで十分って感じに落ち着かないかなぁ。

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »