« 冥王星は誰かのためにあるのか? | トップページ | マキコさん、やる気あるの?ないの? »

機内での携帯使用についての記事があった

Hürriyetの記事より

No Mobile ’No smoking’ yerine ’No mobiles’ yazısı

Uluslararası Havacılık Örgütü (IATA), yaklaşık 20 yıldır uçaklarda sigara içilmesini yasaklayan "No Smoking" işareti ve anonsunun 2008’den itibaren kaldırılacağını, yerine "No Mobiles" (Cep Telefonunu Kullanmayın) işaretinin konulacağını açıkladı.

"No Mobiles" işareti ve yazısıyla eşzamanlı olarak, cep telefonu kullanılmasına izin veren şirketlerde, iniş ve kalkış sırasında "Cep telefonunu kapatın" uyarısının yanacağı da belirtildi. Bilindiği gibi 2007’den itibaren Fransa Havayolları Air France, kabinlerde iniş ve kalkışların dışında cep telefonunun kullanılabileceğini, dakikasının 2 Euro olacağını açıklamıştı. Air France’tan sonra Alman Havayolları Lufthansa ve İngiliz Havayolları British Airways de kabinlerinde cep kullanımına başlatacağını duyurmuştu. IATA, cep telefonu kullanımının gece yasaklanacağını belirtmiş, buna gerekçe olarak da telefon sesinin yolcuları rahatsız edeceğini göstermişti.

「禁煙」の代わりに「携帯禁止」の文字

国際航空運送協会(IATA)は、約20年前から飛行機で喫煙を禁止する「禁煙」のマークとアナウンスを2008年から廃止し、代わりに「携帯禁止」のマークを置くことを発表した。

「携帯禁止」のマークと文字を同時に表し、携帯電話を使うことを許可している航空会社で着陸と離陸時に「携帯を切って下さい」と警告ランプをつけることも明らかにした。知られているように2007年からフランスのエア・フランスは客室で着陸と離陸時以外に携帯電話を使用できる予定であること、1分2ユーロであることを発表した。エア・フランスに続きドイツのルフトハンザやイギリスのブリティッシュ・エアウェイズも客室で携帯使用が始まる予定であることが報告された。IATAは、携帯電話使用を夜に禁止することを明らかにした。それは電話の声が乗客を不快にすることを示すためでもある。

昨日のエントリーで携帯について書いてたら、こんな記事見つけた。知らない間に、海外だけど離着陸以外だったら使えるようにする航空会社って出てきてるんだなぁ。

日本でも何か状況が変わるかな?

|

« 冥王星は誰かのためにあるのか? | トップページ | マキコさん、やる気あるの?ないの? »