« 飲んだら乗れない自動車 | トップページ | 普通の時計に飽きた人達に »

トルコの新聞で見つけた安倍評価

Zaman Gazetesiの記事より

Japonya’da Koizumi devri bitti yeni başbakan genç ve milliyetçi

Japonya Parlamentosu, görevi bırakan Başbakan Junişiro Koizumi’nin yerine ABD ile ilişkilerin geliştirilmesini savunan ve milliyetçi kimliğiyle tanınan Şinzo Abe’yi seçti.

Meclis’te dün gerçekleştirilen oylamalarda, Liberal Demokrat Parti adayı Abe, rakibi anamuhalefetteki Demokrat Parti lideri İçiro Ozawa’ya açık ara fark attı. Japonya’nın 2’inci Dünya Savaşı’ndan sonraki en genç başbakanı olan Abe (52), ülkenin önde gelen müttefiki ABD ile daha yakın ilişkilerin sürdürülmesi taraftarı. Japonya’nın daha aktif dış politika izlemesi gerektiğini savunan Abe, Kuzey Kore tehdidini ciddiye aldığını belirtiyor. Abe, ülkenin askerî açıdan daha etkin olması gerektiğini ve pasif olarak kabul edilen anayasanın değiştirileceğini söylüyor. Japon lider, devlet okullarında milliyetçilik öğretilmesini istediğini kaydetmişti.

Abe’nin kabinesinde, Koizumi döneminde de görev yapan muhafazakar Dışişleri Bakanı Taro Aso koltuğunu korudu. Şinzo Abe’nin muhafazakar görüşlerinin birçoğunu paylaşan Aso, Çin ve Güney Kore ile bozulan ilişkileri düzeltme görevini üstlenecek. Aso, Abe ile Çin lideri Hu Jintao arasında zirve düzenlenmesi için çalışacaklarını kaydetti. Ancak Abe’nin seçilmesinin ardından Japonya ile Çin arasındaki ilişkilerin daha da kötüye gidebileceği de ifade ediliyor. Geçtiğimiz yıl Koizumi’nin, tartışmalı Yasukuni savaş anıtını ziyaret etmesi Çin’le ilişkileri germişti. Koizumi ise bu savaş anıtının savaşta ölen askerleri onurlandıran bir simge olduğunu ifade etmiş, Abe de bu ziyareti desteklediğini açıklamıştı. Yasukuni savaş anıtı, Japonya’nın komşularınca bu ülkenin İkinci Dünya Savaşı’ndaki saldırganlığının sembolü olarak görülüyor.

Japonya’nın yeni Başbakanı Şinzo Abe, daha önce başbakanlık ve bakanlık yapmış bir aileden geliyor. Babası dışişleri bakanlığı yapan Abe’nin dedesi ve dedesinin kardeşi de başbakanlık görevini yürütmüş.

Medyatik First Lady

Başbakan Şinzo Abe’nin eşi Akie Abe, Japon medyasının gündemine oturmuş durumda. Eski bir radyo sunucusu olan Akie Abe’nin, kocalarının gölgesinde kalan önceki başbakan eşlerine benzemeyeceği söyleniyor.

日本で小泉時代が終わった。新首相は若く国家主義者

日本の国会は、職務を譲った小泉純一郎の代わりにアメリカと関係の発展を守り、国家主義的な素性で知られる安倍晋三を選んだ。
国会で昨日行われた投票で、自由民主党の安倍候補者が、競争相手の野党第一党の民主党党首小沢一郎に大差を付けた。日本の第2次世界大戦後最年少の首相である安倍(52)は、国が優先する同盟国アメリカとのより緊密な関係への推進支持者である。日本がより活発に海外の政治に目を見張る必要があると言い続けている安倍は、北朝鮮の威嚇が本気であると表している。安倍は、自衛隊を一層能動的にすることが必要と考え、受動的であることを受け入れている憲法の改正を発言している。日本の指導者は、公立学校で国家主義的な教育を受けさせることを望んでいるとも報じられた。

安倍内閣では、小泉時代にも職に就いた保守的な麻生太郎外相をその地位のまま置いた。安倍晋三の保守的な見解の大部分を共にしている麻生は、中国と北朝鮮との悪化した関係を改善する職務を請け負うだろう。麻生は、安倍と中国の主席胡錦涛との間にサミットを設けることに勤めるだろうと報じられた。しかしながら安倍が選ばれたことから日中関係はさらに悪化する可能性もあると語られている。去年小泉が論争のあった靖国神社(訳者注:直訳では靖国戦争記念碑)に参拝したことは中国との関係を緊張させた。小泉はこの神社が戦争で亡くなった兵士に名誉を与えるひとつのシンボルだと語っており、安倍もこの参拝に支持を表明した。靖国神社は、日本の隣国であるその国が第2次世界大戦での好戦的シンボルとして見られている。

日本の新首相の安倍晋三は、過去首相と大臣の職に就いた家系の出である。父親が外務大臣に就いた安倍の祖父と祖父の兄弟も首相の職に進んだ。

メディアに取り上げられ続けるファーストレディ

安倍晋三首相の妻安倍昭恵は、日本のメディアに日常生活をおいた状態でいる。以前あるラジオの司会者であった安倍昭恵は、主人の影に居続けた以前の首相の妻たちのようになるでしょうと語っている。

トルコにとって日本は外国だし、それにトルコにはトルコでの「タブー」もある。だけど、「国家主義者(milliyetçi)」なんていうストレートな評価が流れてるのはやっぱり羨ましい。(gençには「若い」だけじゃなく「幼い」って意味もある)

今、この国のマスコミ(特にテレビ)じゃぁ、必死なまでにイメージを上げよう上げようと一生懸命だからこのレベルの評価さえほとんど流れてこない。ホント異常。官庁が特別会計でしている無駄遣いの報道に力の入っていた朝ズバでも、最近安倍晋三のことになると掌返したかの様にいい印象を与えることに一生懸命だったり、首班指名選挙前の時期に世耕弘成などゴリゴリの支持者だけ画面に集めて対立意見を他に追いやった編成にしたり、目を覆いたくなるような感じになってしまった。(みのさんの目が時々笑っていなかったりするのはまだ救いがある?)

印象だけで世の中動かそうなんて実に不気味でしょうがない。ましてやその印象の裏で、国民の監視強化や国家に逆らわないための教育や日本を危険にさらす憲法改正なんてことを進めたいなんて考えてるなら恐ろしすぎるよ。

|

« 飲んだら乗れない自動車 | トップページ | 普通の時計に飽きた人達に »