« 2007年2月 | トップページ | 2007年9月 »

与党、参議院選挙で惨敗

今回の参議院選挙は投票した民主党の候補者が見事に当選した。今回の自民党の惨敗は過去宇野首相が退陣をした時のレベル以下とも言われているようだ。

チャンネルを変えながらいろんな意見を聞いていたけど、選挙ステーションでコメンテータが「安倍自民党の何の政策がダメだったのか判らない」と言っていて、それに古館伊知郎も判らないといっていたのが気になった。
問題は政策もダメだけど、企業だけを優遇してとんでもないレベルにまで至った格差の是正や閣僚が命を落とすまでに至った政治家とカネの問題への不真面目な対応などをはじめとして、国民一人ひとりが安心して生きていくためにやるべきことをやらなかった不作為があったことも判らないんだろうか?マスコミも国民のために何を見ていくべきなのか考えてないねぇ。

今回の惨敗は明らかに「こんな奴らに政権など任せられない」といった思いが集まった結果だと思う。この惨敗に対して首相本人は「反省して続投を」とか表明しているようだけど、このままの方向で行ける訳はないだろうに。反省だけで済むのは猿まわしの次郎くらいだよ(笑)
さらにこのニュースによれば自民党の幹事長が早速「幹事長に責任があるのは間違いない」なんて言っているようだけど、どんな責任の取り方をする訳なんだ?今まで「責任を感じている」と言って何も変えないなんていうくだらない口だけの責任の取り方ばかりを ― 実際には何の責任も取っていないのを ― 見てきただけに、その発言に何の重さも感じることはない。それに幹事長の責任だけで済ませるとか言い出さないだろうね?最低でも内閣総辞職ぐらいしないとだだめでしょ。

ただし…その一方で、今回は参議院での野党の優勢が確実になったけど、これから当の民主党が国民の方を向いていない政策を進めるようだとやはり政権を任せるわけにはいかないのは同じだ。特に前原誠司や松原仁みたいな小泉純一郎や安倍晋三に共鳴している勢力がいて、彼らがどう動くのかというのはかなり不安な点であるのは確かだと思う。民主党はその点にどういう姿勢を明らかにするのか目が離せないなぁ。

|

期日前投票に行ってきた

久々のエントリ…

今月に入ってから、やたらにこの過疎ブログにTBスパムを送ってくるという奇特な業者(?)が現れたみたいだ。それも記事タイトルとブログ名が一緒の明らかに機械的なTB。
特定の記事にやたらに送ってくるんだけど、そんなTBなんかに承認なんて出すわけない。当然即削除、IPアドレスもブロック。

で、話は変わって…今日の昼、初めて期日前投票に行ってきた。最初に宣誓書っていうのを書くだけで、他は何も変わらない。こんなに簡単だったんだ。
このブログをよく読んでいらっしゃる人がもしいるのなら(笑)判ると思うけど、当然与党には投票せず、それ以外の候補者/政党に投票してきたわけで。

そりゃそうでしょ…

  • 年金問題を国民総背番号制の問題にすり替えようとしたり、ネット規制法や共謀罪などの国民のためにならない法律の成立をまだあきらめず、隙あらば政府に都合よく国民を管理しようとする態度
  • 年金問題をはじめとしてきちんとしたグランドデザインは全くなく、その場しのぎの人気取りで済ませようとしたり、対策が現状に合わなくなっても開き直って結局さらに悪い方向へ進めたりする態度
  • 傀儡にも等しい首相をはじめ、外交も防衛もアメリカに頼りきっているくせに、国民向けには虚勢を張って、都合のいいところだけ見せて「人気取りの道具」くらいにしか考えていない無能さ
  • 強行採決の連発やまともに審議をするつもりもない、挙句の果てに自国民に自衛隊を差し向けて規制まで始めた主権たる国民と民主主義を軽視した態度
  • 税金をもらって政治をしていることに対する責任をなんとも思っていない上、それをごまかし続ける不誠実さ
  • 環境や税金・教育・労働についても「国民のための国」という視点の欠如し、結局のところ「自分たち側の利権/利益の優先を実現するための国。そして国民はその国のための捨て駒」という視点ばかりで作られた政策
  • カルトや暴力団などへの癒着と極めて甘い態度

これ以上にもまだまだ書けそうなぐらいだ。こんな与党にとても一票なんて入れられない。入れちゃいけない。

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年9月 »