« 期日前投票に行ってきた | トップページ | 台風9号、首都圏通過中 »

与党、参議院選挙で惨敗

今回の参議院選挙は投票した民主党の候補者が見事に当選した。今回の自民党の惨敗は過去宇野首相が退陣をした時のレベル以下とも言われているようだ。

チャンネルを変えながらいろんな意見を聞いていたけど、選挙ステーションでコメンテータが「安倍自民党の何の政策がダメだったのか判らない」と言っていて、それに古館伊知郎も判らないといっていたのが気になった。
問題は政策もダメだけど、企業だけを優遇してとんでもないレベルにまで至った格差の是正や閣僚が命を落とすまでに至った政治家とカネの問題への不真面目な対応などをはじめとして、国民一人ひとりが安心して生きていくためにやるべきことをやらなかった不作為があったことも判らないんだろうか?マスコミも国民のために何を見ていくべきなのか考えてないねぇ。

今回の惨敗は明らかに「こんな奴らに政権など任せられない」といった思いが集まった結果だと思う。この惨敗に対して首相本人は「反省して続投を」とか表明しているようだけど、このままの方向で行ける訳はないだろうに。反省だけで済むのは猿まわしの次郎くらいだよ(笑)
さらにこのニュースによれば自民党の幹事長が早速「幹事長に責任があるのは間違いない」なんて言っているようだけど、どんな責任の取り方をする訳なんだ?今まで「責任を感じている」と言って何も変えないなんていうくだらない口だけの責任の取り方ばかりを ― 実際には何の責任も取っていないのを ― 見てきただけに、その発言に何の重さも感じることはない。それに幹事長の責任だけで済ませるとか言い出さないだろうね?最低でも内閣総辞職ぐらいしないとだだめでしょ。

ただし…その一方で、今回は参議院での野党の優勢が確実になったけど、これから当の民主党が国民の方を向いていない政策を進めるようだとやはり政権を任せるわけにはいかないのは同じだ。特に前原誠司や松原仁みたいな小泉純一郎や安倍晋三に共鳴している勢力がいて、彼らがどう動くのかというのはかなり不安な点であるのは確かだと思う。民主党はその点にどういう姿勢を明らかにするのか目が離せないなぁ。

|

« 期日前投票に行ってきた | トップページ | 台風9号、首都圏通過中 »