飲んだら乗れない自動車

今朝の朝ズバでアルコールを検知すると動かなくなる車というのが紹介されていた。

みのさんやコメンテータの人もツッコミが入っていたけど、アルコールを管に呼気を直接送り込んで検知する方法なので、お酒を飲んでいない人が反応させたりすればエンジンを掛けられてしまうのはまだまだだねぇ。呼気から検知するんじゃなく、たとえばハンドルを触っている手から検知とかどうなんだろう?(これだと手袋とかしてると無理か…)

でも、コンセプトとしてはすごくいいものだし、ぜひともいろんなメーカーで競争して開発にがんばって欲しいなぁ。

|

下手すると事故になりそなアレ

最近原付を乗り回すようになって気になっていることが一つ増えた。それは車のウィンカーの点くタイミングの遅さ。原付に乗っていなかったときには気にならなかったけど、一緒に車道を走るようになってからあのタイミングの遅さが危なっかしくてしょうがないと思うようになった。これって関東地方だけなのかなぁ?

よく見かけるのは交差点の2~3m手前でイキナリ左ウィンカーを点けて曲がっていく車。ホント危なくって、SmartDioのブレーキ性能が悪かったら何度ぶつかってるか…
運転免許を取るときに、右折や左折をする時には手前から余裕を持ってウィンカーを点けて、周りのドライバーに知らせなきゃいけないと習ったはずだけど、そ~んなに余裕がないんだろうかねぇ?交差点に止まっていても、発進するまでウィンカーを出さない車もよく見かける訳だからそういうことじゃないんだろうけど。

いずれにせよ、この手のドライバーって道にはいろんな車や人が行き交っている現実も自分が事故を起こす(自分に事故が起きる)かも知れないっていうリスクも運転に慣れちゃって意識から消えかけてるんじゃないだろうか?

このエントリを見てそれを思い出すドライバーが一人でも増えてくれるといいんだけどなぁ。

| | トラックバック (0)

闇夜に迫る黒い影…じゃなく白い光

会社から夜道を原付に乗って帰る時、最近気になる様になったことが一つある。それは最近増えてきた自動車のギラッと輝いてる白いヘッドランプだ。

いわゆるHID(高輝度放電管)って呼ばれてるモノだけど、それのせいでかなり危なっかしい状況になったりしている。関東北部の街灯の少ない夜道を明るくして走りたい気持ちは原付で走っている自分だって同じなんだけど、あまりにも眩し過ぎてかなりの迷惑モノな訳で。

遠くで走っている分には、全然問題はないんだけど、後に迫られて来た時にはバックミラー全体があの白色に占領されてしまってそれ以外の車なんて目に入ってこない。しかもそれを見ちゃった後に視線を戻すと残像で肝心の視界の真ん中辺りがボーッと暗くなってるし…これって走ってる最中にはホントにヤバい!その上、逆に前方の十字路で止まっていてもヘッドランプでウインカーが見えなくって右折か左折か判断に困ったり、後側を渡ってる歩行者を消し去ってるような車も多いし。

昔々車の免許を取りに行った時、ランプとは「視界の確保と同時に、他人に存在を知らせるためにある」と習ったけど、物には限度っていうものがあるしねぇ…HIDを付けて走っている側から見ても光の当たっている部分とそうでない部分のコントラストのせいで目の順応とか判断が遅れたっていうような経験ってないのかぁ?

これってどうにかならないのかなぁ?鏡とか後に付けて実力行使に走っちゃうのも何だかだしなぁ…

| | トラックバック (0)